個人再生相談【手続き費用の目安】

手続きの目安

債務整理をする際の最低限の知識として、債務整理をする手続きの目安があります。

 

債務整理と言っても、任意整理、自己破産、特定調停、民事再生などの方法があります。

 

これらの債務整理の手段の手続きの目安には次のようなものがあります。

 

まず、返済能力そのものがないのであれば、自己破産を選択するしかないと言えます。

 

なぜなら、他の債務整理手段では、減額されるとはいえ、分割で返済をする必要があるからです。

 

借金を減額することを願うなら、民事再生の方法を選ぶことができます。

 

特定調停も減額になりますが、民事再生の方が効果的です。

 

債務整理と言っても、費用がかかりますので、手続き費用をできるだけ安く抑えたいなら、特定調停が一番安く済ませることが可能です。

特定調停と民事再生

マイホームを守るなら特定調停と民事再生です。

 

 

手続きを自分でするとしたら、し易いのが、特定調停で、その次が自己破産、最後が民事再生です。

 

特定調停や民事再生の場合、減額にはなりますが、分割の支払いの期日を守らないと、即刻給料等の差押をされてしまう可能性があるものです。

 

ですから、いつでも返済しないといけないというプレッシャーがあります。

 

特定調停は、手続きにかかる時間も短く柔軟な解決策を見つけやすいです。

 

民事再生は、減額幅が大きいですが、その分弁護士などへの報酬額も大きく費用が高くつく傾向があります。

 

このように、債務整理にはそれぞれ特徴がありますので、自分のケースに最も良いものを選んで、手続きをすることができます。


このページの先頭へ戻る