個人再生相談【任意売却とはどういうもの?】

任意売却とはどういうもの?

 

金融機関から借金をして、長い間返済が滞っていると、督促状が届き、それでも滞納していると、所持している不動産、つまり自宅を競売にかける手続きをすると言う書面が届きます。

 

このまま、ほうっておくと自宅は競売にかけられて、かなりの安値で取引されてしまうだけとなります。

 

そうなると自宅を引き払い、出て行くことになります、しかも自宅は安値での取引販売されてますから、競売での価格では借金の全ては支払えていない状況のままです。

 

何もせずに自宅を競売にかけられるのを黙ってみていては、最悪の結果を待つだけとなり、結果、人生を棒に振ってしまうことになります。

 

大事な自宅を意味の無い競売にかけるよりも任意売却という将来に可能性を見出せる方法に賭けてみてはどうでしょう。

 

任意売却を専門で扱っている業者がいますが、借金で、自宅を競売されそうになっている人からの依頼を受けて、債権者と直接話をして、返済する金額や期限を交渉で有利に話を進めて、競売では無く、一般の不動産販売で自宅を売りに出し、少しでも高く販売して依頼人の借金の額を減らせるよう努力する仕事です。

 

自宅の販売方法や販売価格も依頼人の納得がいくよう、いちいち相談して細かく決めていくのも任意売却ならではのやり方です。

 

上手く債権者と依頼人の間に立ち、双方に一番良い方法を提案して、双方が納得すれば、そのように行動する、この道のプロでなければ勤まらない仕事です。


このページの先頭へ戻る