個人再生相談【口座凍結の可能性】

口座凍結の可能性

債務整理をする場合、あなたの債権者リストをチェックしてみましょう。

 

 

中には、銀行が含まれていることもあるかもしれません。

 

債務整理をする際に注意することとして、銀行が債権者として含まれているケースがあります。

 

もし銀行が債権者に含まれている場合、その銀行口座についてですが、凍結処理されて、使うことができなくなってしまう恐れがあります。

 

もし報酬の入金やもろもろの支払いをその銀行口座を使っているのであれば、他の口座に移し替えておく必要があります。

 

給料をその銀行口座に振り込んでもらっている場合には、給料を自由に引き出すことができなくなってしまう恐れもあります。

 

ちなみに債務整理をすると言っても、口座のある銀行が債権者の対象ではない場合、口座が凍結されることはありません。

 

しかし注意したいのは、銀行系の消費者金融が最近では多いということです。

 

このような消費者金融から借金をしていて、もし親会社の銀行口座を使っている場合には、その口座が凍結されてしまう可能性があります。

 

もし銀行が債権者の中に含まれているのであれば、日々の出入金をする口座を債権者の中に含まれていない銀行の口座に移し替えておくことをお勧めします。


このページの先頭へ戻る