個人再生相談【自己破産にかかる費用】

自己破産にかかる費用

自己破産は、借金をして、その借りた資金を返済できなくなった人にとっては、とてもありがたい制度です。

 

でも、この制度を適用するには現在持っている不動産や財産を失うことになり、社会からの信用も失墜する覚悟がいります。

 

それに、自己破産は自分だけで考えて出来ることでは無く、裁判所に破産申請して受理してもらう必要があります。

 

しかも、それにはまとまった資金も入用で、自己破産の申告書に貼り付ける収入印紙代に1500円、債権者や申立人に郵送する郵便の切手代は、3000円〜借入した会社の数の分必要となります。

 

破産の申告をする際に裁判所に納めるお金の予納金が10290円、不動産などの財産を持つ場合、管財人がいりますから裁判所が定めた管財人報酬を現金で支払いますが、これにも20万か30万の費用が入用なのです。

 

 

その他、書類作成を弁護士や司法書士に頼んだ場合にも費用は追加されます。

 

自己破産をする際も、ある程度の資金を用意しなくては出来ません。

 

借金を返済できないからこそ、自己破産に追い込まれたのに、結局は数十万円の資金を用意できないと、自己破産も不可能となります。

 

現金が手元に一切残っていない状態になってから行動するのでは無く、まだいくらかの余裕があるうちに自己破産申請して人生の再建を果たしましょう。


このページの先頭へ戻る