個人再生相談【借金整理で知っておくべきこと】

借金整理で知っておくべきこと

借りたお金は返さなければなりません。
しかし、どうしてもそれができずに生活が苦しくなった国民を日本の法律は守ってくれています。

 

ここではそんな借金に困った場合の対処法についていくつか紹介したいと思います。

 

法律で認められた借金の整理法で有名なものは『任意整理』『民事再生』『自己破産』です。

 

一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

これらはすべて法律で認められた正当な対処法で、実行することで借金の負担をなくしたり、大きく軽減したりすることができるのです。

 

  • 『任意整理』

これは正しい対処法でありながら、裁判所や役所等への届け出が不要です。
つまり直接金融機関等、債権者と交渉することになります。
特別な資格は不要ですが、交渉力に長けた人でなければ、理想の形に持っていくことは難しいでしょう。

 

  • 『民事再生』

これは借金総額を縮小して短期返済にて完済とみなす方法です。
具体的には借金総額を5分の1に縮小し、3年以内に完済するというものです。
借金総額が高ければ10分の1に縮小する場合もあるようです。
もちろん、諸条件がありますが、民事再生を適用すると自宅を手放す必要がないというのは最大のメリットだと言えるでしょう。

 

  • 『自己破産』

これは民事再生よりももっと強力な方法です。
借金は帳消し、つまりゼロになります。
そして同時にほとんどの財産を失います。
生活する最低限度の財産は残りますが、いわゆる贅沢品は手放さなければなりません。
自宅や車などは没収されます。
また、所得している資格の多くも失います。
ここで紹介した以外にも借金を整理する方法はありますが、やはり法律に詳しい人の協力が必要です。
そういう意味では弁護士に相談するのが最善の策と言えるかもしれません。
弁護士事務所はこういった悩みを持つ人たちのために無料相談などをしていますので利用してみると良いのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る