個人再生相談【ブラックリストとは?】

ブラックリストとは?

金融機関には個人情報が記載されているブラックリストが存在するとまことしやかに噂されていますが。

 

ですがブラックリストなどというものは存在しません、存在を噂される根拠というのは、信用情報機関のせいにあるのです。

 

 

買い物や借金を申し込む際に作るクレジットカード、これを使ったときに情報が信用情報機関に流れる仕組みになっているのです。

 

そして一定の期間に返済を滞納したり、債務整理したり、自己破産の事実があっても信用情報機関に伝わるようになっています。

 

では、信用情報機関は、これらの情報をどう活用しているかというと、銀行やクレジット会社は、個人にお金を貸して金利でもうける商売ですが、貸す相手が確実に支払能力がある人でないと、儲けの見込みはありません。

 

そこで、取引する前に審査するのですが、この審査をするときに信用情報機関にマイナスな情報が載っていないかを調べることが重要になっています。

 

銀行やクレジット会社との審査を断られたときには、まず信用情報機関にマイナス情報が伝わっている、と疑ってみたほうが良いです。

 

このようにダークなイメージからも、存在が無くとも未だにブラックリストといったほうがわかりやすいので呼ばれているのが真実です。

 

ただ、この情報は永遠ではなく、多くの情報には登録機関を設けていますので、5年くらいで、また取引が可能になります.。


このページの先頭へ戻る