個人再生相談【弁護士に依頼】

弁護士に依頼

借金が膨らんで、自分ではどうしようもなくなった時に、弁護士に依頼して債務整理をすることができます。

 

債務整理と言っても、任意整理や個人民事再生、特定調停、自己破産など、多岐にわたる方法があります。

 

また、その為の手続きも、様々な借金にかかわる法律や、裁判所が定める書類を提出しなければならないことなどがありますので、独学ですべてを判断し、行うことはとても大変なことです。

 

更に、既に借金のために、精神的にも肉体的にも疲労困憊しているかもしれません。

 

ですから、債務整理は弁護士相談すべきと言うのは、当を得たことと言うことができます。

 

まず電話で相談もいいでしょう。

 

 

とはいえ、弁護士に相談するとしても、どの弁護士でも良いというわけでもありません。

 

弁護士を選ぶ点で注意すべきことがあります。

 

まず、一言で弁護士と言っても、弁護士が扱っている法律の分野は、非常に多岐にわたります。

 

ですから、いくら法律を勉強して、法律に詳しいとはいえ、すべての法律をマスターしているとは言えませんし、物理的に考えてみてもそれは不可能に近いということができます。

 

また、これまで扱ってきた訴訟も分野も弁護士よって違いがあるのも事実でしょう。

 

ですから、弁護士と言っても、特異な分野とこれまで扱ったことのない分野があると言えます。

 

ですから、債務整理に関して相談するなら、やはり債務整理に分野にたけた弁護士相談する方が、有利です。

 

また、弁護士費用も弁護士やその事務所によって違いがあります。

 

また、弁護士によっては依頼者の立場に立って、相談にのってもらえるか、それとも杓子定規で扱う弁護士かという違いもあります。

 

良い弁護士を選びましょう。

 


このページの先頭へ戻る